【法律改正】国民年金保険料の免除要件にDVが追加されました。

2012-07-10

 国民年金の保険料の申請免除の要件「保険料を納付することが困難な場合として厚生労働省令で定める事由」に、DVが追加されました(国民年金法施行規則77条の7)。

具体的には、「DV法第1条第1項に規定する配偶者からの暴力を受けたとき」とされています(ただし、次に掲げる者が、それぞれ当該各号に該当するときに限る)。

イ 被保険者及び世帯主(被保険者又は配偶者が世帯主である場合にあっては、被保険者)

被保険者の保険料を納付することが困難と認められること

ロ 配偶者 

当該配偶者からの暴力を行った者であること

DVが行われるような状況では、夫の国民年金保険料の拠出能力を考慮に入れることは望ましくなく、こうした場合には妻本人の拠出能力のみを勘案して免除の可否を行うことができることとされました。

詳しくは、こちら をご覧下さい。
 

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.