【調査】国内・海外出張旅費調査の結果(産労総合研究所)

2013-11-28

産労総合研究所から、「2013年度 国内・海外出張旅費調査」の結果が公表されています。

調査結果のポイントは、

(1)国内宿泊出張における日当の支給状況

・規模、業種を問わず、9割以上が日当を支給しており、大半が「一律同額」。

(2)国内宿泊出張の場合の日当、宿泊料

・役職別にみた日当の平均額は、社長→4,892円、部長→2,944円、一般→2,410円

・宿泊料の上限は、社長→16,276円、部長→10,961円、一般社員→9,840円

(3)役職別にみた新幹線グリーン車の利用許可状況

・何らかの形でグリーン車利用を認める割合は、役員→54.5%、部長→26.0%、課長→19.0%で、いずれも前回調査より増加している。

(4)海外出張における地域別の日当、宿泊料

・円建て企業では、課長クラスで日当5,000円台、宿泊料13,000円台から15,000円台

(5)海外旅行傷害保険の付保状況

・4社に3社が、海外出張する社員に海外旅行傷害保険を付保

等となっています。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.