【統計】若者の使い捨てが疑われる企業等に関する無料電話相談の結果

2013-09-03

9月1日に実施された若者の「使い捨て」が疑われる企業・事業所に関する無料電話相談についての結果が公表されました。

全国で1,042年(速報値)の相談が寄せられ、平成25年9月2日(月)以後も、お近くの都道府県労働局または労働基準監督署で労働相談を受け付けています(開庁時間 平日8:30~17:15)。

主な相談内容は、
(1)賃金不払残業  556件(53.4%)
(2)長時間労働・過重労働 414件(39.7%)
(3)パワーハラスメント 163件(15.6%)

となっています。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.