【統計】サービス残業是正の結果

2012-10-26

全国の労働基準監督署が、平成23年4月から平成24年3月までの1年間に、残業に対する割増賃金が不払になっているとして労働基準法違反で是正指導した事案のうち、1企業で100万円以上の割増賃金が支払われた事案の状況を取りまとめました。



・是正企業数→1,312企業(前年度比△74企業)

・支払われた割増賃金合計額→145億9,957万円(+22億7,599万円)

・対象労働者数→11万7,002人(+1,771人)

・支払われた割増賃金の平均額→1企業当たり1,113万円、労働者1人当たり12万円

・割増賃金を1,000万円以上支払ったのは117企業で全体の8.9%、その合計額は83億223万円で全体の56.9%

・1企業での最高支払額は「26億8,844万円」(建設業)、次いで「9億8,207万円」(金融業)、「7億5,687万円」(小売業)の順

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

また、東京労働局も管下18労働基準監督署における統計を発表していますので、こちら もご参考になさって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.