【統計】「高年齢者の雇用状況」の集計結果

2012-10-19

高年齢者雇用安定法に基づく「高年齢者雇用確保措置」の実施状況など、平成24年「高年齢者の雇用状況」(6月1日現在)の集計結果のまとめを厚生労働省が公表しました。

主なポイントは、

(1)高年齢者雇用確保措置の実施状況
高年齢者雇用確保措置を「実施済み」の企業の割合は97.3%(前年比1.6ポイント上昇)
 中小企業は97.0%(同1.7ポイント上昇)
 大企業は99.4%(同0.4ポイント上昇)

(2)希望者全員が65歳以上まで働ける企業等の状況
・希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合は48.8%(同0.9ポイント上昇))
 中小企業では51.7%(同1.0ポイント上昇)
 大企業では24.3%(同0.5ポイント上昇)で、中小企業の取り組みの方が進んでいる
・70歳以上まで働ける企業の割合は18.3%(同0.7ポイント上昇)
 中小企業では19.1%(同0.7ポイント上昇)
 大企業では11.1%(同0.5ポイント上昇)で、中小企業の取り組みの方が進んでいる

となっています。詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。


 

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.