【統計】「外国人雇用状況」の届出状況のまとめ

2013-01-30

厚生労働省から、「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成24年10月末現在)」が公表されました。

ポイントは、以下の通りです。

・外国人労働者数は682,450人で、前年同期比3,796人、0.6%の減少

・外国人労働者を雇用する事業所数は119,731か所で、前年同期比3,170か所、2.7%の増加

・国籍別では、中国が最も多く296,388人(外国人労働者全体の43.4%)。次いで、ブラジル101,891人(同14.9%)、フィリピン72,867人(同10.7%)の順

・在留資格別では、「専門的・技術的分野」の労働者が124,259人で、前年同期比3,371人、2.8%の増加。一方、定住者や日本人の配偶者を持つ人など「身分に基づく在留資格」は308,689人で、前年同期比10,933人、3.4%の減少

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.