【法改正】有期労働契約の無期転換についての特例

2014-02-05

2月3日に開催された第4回労働政策審議会労働条件分科会有期雇用特別部会において、「有期労働契約の無期転換ルールの特例等について(報告)(骨子案)」が提示されました。

これによると、

(1)一定の期間内に完了する業務に従事する高収入かつ高度専門知識、技術又は経験を有する有期契約労働者

(2)定年後引き続いて雇用される有期契約労働者

について、現在「5年」と定められている無期転換申込権が発生するまでの期間について特例を創設するものとなっています。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.