【改正】育児休業給付の見直しへ

2013-10-31

厚生労働省の労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会が開催され、育児休業給付の見直しについて、「たたき台」が示されました。

これによると、男女ともに育児休業取得を促進するため、育児休業給付の給付率を、現行の50%から、最初の6カ月間については67%とするとされています。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.