【改正】年金関係の届出書類の省略

2013-10-01

基本手当と特別支給の老齢厚生年金、高年齢雇用継続給付と特別支給の老齢厚生年金については、それぞれ併給調整(年金の減額)が行われますが、これは、「老齢厚生・退職共済年金受給権者 支給停止事由該当届」を提出することによって行われていました。

平成25年10月1日以後は、

1.年金を受け取る権利が発生したとき
2.ハローワークに求職の申込みをしたとき
3.高年齢雇用継続給付を受けることができるとき

については、この書類の提出が不要となります。

ただし、年金請求時に、雇用保険被保険者番号をお持ちでなかった場合は、今後も同様の書類提出を求められます。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

 

 

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.