【改正】国民健康保険保険料の賦課限度額を引き上げへ

2015-03-05

平成27年3月4日に、、「国民健康保険法施行令の一部を改正する政令」が公布されました(施行日は平成27年4月1日です)。

主な内容は、以下の通りとなっています。

1 国民健康保険の保険料の賦課限度額の引き上げ


(1)基礎賦課額に係る賦課限度額を、51万円から52万円へ引き上げ


(2)後期高齢者支援金等賦課額に係る賦課限度額を、16万円から17万円へ引き上げ


(3)介護納付金賦課額に係る賦課限度額を、14万円から16万円へ引き上げ

2 保険料軽減判定所得の引き上げ


被保険者応益割額(被保険者均等割額及び世帯別平等割額)を減額する基準のうち5割軽減及び2割軽減の対象世帯に係る所得判定基準についての引き上げ


(1)5割軽減の基準について、被保険者数に乗ずる金額を、24.5万円から26万円へ引き上げ


(2)2割軽減の基準について、被保険者数に乗ずる金額を、45万円から47万円へ引き上げ


 

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.