【報告書】今後の労働者派遣法の在り方に関する研究会

2013-08-07

「今後の労働者派遣法の在り方に関する研究会」がとりまとめた報告書が公表されました。

この報告書を元に厚生労働省が審議会を開き、今年中に労働者派遣法の改正へ向けた結論をまとめ、来年の通常国会に法案を提出する予定となっています。

内容は多岐にわたりますが、

・26業務であるかどうかにかかわらず、共通するルールとして労働者個人単位での同一の派遣先への派遣期間の上限を設定する

・無期雇用派遣については、派遣期間の制限を課さない

といったものが骨子となっています。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

 

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.