【周知】国民年金保険料の強制徴収の取組強化について

2014-01-25

日本年金機構は、国民年金保険料の滞納者に対して、取組を強化する方針です。

強制徴収対象者のうち、「控除後所得額が400万円以上かつ未納月数13月以上の方で、たび重なる督励にもかかわらず納付する意思がない方に対して、財産調査や差押えなどの強制徴収に積極的に取り組みます。」としています。

するとしています。

対象者は、

(1)控除後所得額が400万円以上かつ未納月数13月以上の方で、たび重なる督励にもかかわらず納付する意思がない方 9,252人

(2)(1)のうち、所得額が1,000万円以上ある方 798人

となっています。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

 

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.