【判例】打切補償に関する最高裁判決

2015-06-09

労働者災害補償保険法に基づく療養補償給付を受ける労働者が、療養開始後3年を経過しても疾病等が治らない場合には、使用者は、当該労働者につき、労働基準法81条の打切補償を支払って,同法19条1項ただし書の適用を受けることができるかどうかについて、最高裁判決が出されました。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.