【リーフレット】育児休業給付金の取扱い変更

2014-09-01

育児休業給付金の取扱いが変更になります。

従来は、休業中の支給単位期間中に11日以上就業した場合には、その期間の育児休業給付金は支給されない取扱いとされていました。

この取り扱いが変更され、10月1日以降は、支給開始期間中に10日を超えて就業した場合でも、その就業時間が80時間以下のときは育児休業給付を支給することとなりました。

詳しいことは、こちら をご覧になって下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.