Prev » Next «

年度更新

労働保険の年度更新とは、「前年度の労働保険料の確定清算を行うための確定保険料の申告・納付の手続き」と、「当年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続き」をセットにしたものです。

労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間を単位として計算されることになっていて、その額は すべての労働者に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっています。

また、労働保険の年度更新は、毎年6月1日から7月10日までの間に行うことになっていて、この手続きが遅れると、追徴金(納付すべき保険料・拠出金の10%)が課されることがあります。

弊社では、小規模事業主様のサポートを目的として、年度更新の手続きを行っております。(社会保険に加入されていらっしゃる事業所については、算定基礎届の手続き依頼も承っています。)

お問い合わせは、こちら からどうぞ。

<参考:「算定基礎届」とは?>

健康保険・厚生年金保険では、毎月の保険料の賦課対象として、「標準報酬月額」が用いられます。また、標準報酬月額は、年金の給付額や健康保険の給付額を算定するための基礎となります。

「標準報酬月額」は、毎年1回、「定時改定」と呼ばれる手続きによって決まることになっています。この手続きのことを「算定基礎届」と呼びます。

算定基礎届は、4月・5月・6月に実際に支給された報酬の額から算定し、手続き資料を作成します。算定された標準報酬月額は、その年の9月から翌年の8月まで有効となります。(大幅な固定的賃金の変動があった場合には、「月額変更届」の提出が必要となります。)

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.