Prev » Next «

試用期間の延長ができない

 

■この規定が危ない!!

第○条【試用期間】

1. 新たに採用した者については、採用日から3ヶ月間を試用期間とする。

ただし、会社が適当と認めるときは、この期間を短縮し、または、設けないことがある。
2. 試用期間中に従業員として不適格と認められた者は、解雇することがある。
3. 試用期間は、勤続期間、勤続年数に通算する。


■こういった就業規則では、試用期間の延長ができません

 試用期間について、例えば3ヶ月と規定した場合でも、何らかの事情により3ヶ月で判断できない場合もあるでしょう。

しかし、こういった就業規則では3ヶ月以内に短縮ができたとしても、延長ができません。

従って、試用期間を延長することが想定される場合は、延長することがある旨を明確にしておくことが必要です。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.