Prev » Next «

労務管理について

弊社の労務管理に対する考え方は、以下の通りです。

(1)雇用のルールを守る

労務トラブルに見舞われる企業は、例外なく採用時に労働条件通知書の発行を行っていなかったり、就業規則がなかったり(あっても内容が適当)、いわゆる雇用のルールが労使の間で曖昧です。

弊社では、
・労働条件の通知をしっかり行って頂くこと
・就業規則をしっかり作成すること

この2点を労務管理における最優先事項と考えています。

これまで、多くの企業を見て参りましたが、企業が採用時のルールを守っていないことが労務トラブルの原因となっていることが非常に多いです。社会保険労務士からすると、「使用者が、ど真ん中のストレートを見送っている」ように見えるのが現実です。

(2)法のルールを守る

従業員に対して不信感を与える企業は、例外なく法律に定められたルールを逸脱した取扱いを行っています。
・入社時に社会保険に加入させていない
・正社員として採用されたのに労働条件通知書は契約社員になっている
・試用期間中は社会保険に入れない
・残業代は基本給に含まれている
・成績が上がらないので、基本給を引き下げた

弊社では、
・法律でどのようなルールになっているのか
・法律を守らないとどのようなリスクが企業にあるのか

という点をしっかり説明させて頂いております。
法のルールを守っている企業では、まず労使間のトラブルは発生しません。

厚生労働省が「やさしい労務管理の手引き」というリーフレットを出しています。弊社の基本的な考え方は、まさにこのリーフレットそのものです。ぜひご一読下さい。

Copyright(c) 社会保険労務士法人オスピス All Rights Reserved.